エリアキーワード

地名は確実にアクセスが集まる複合語です。

レストランや地域のサークルを探すときは「キーワード+地名」でよく検索されます。地名は、複合語としてSEO対策の効果を非常に高めるのです。しかも地名には短期間での流行りすたりがないので、中長期のSEO対策を考えたときにも、非常に有効なキーワードだといえます。見出しや文章を書くときには、意識的に地名を盛り込むようにしましょう。地名は「東京 イタリア料理」や「新宿 ホテル」といった具合に先頭に入れて検索されるととが多いですが、語順は場合によって異なるので調べてから使いましょう。キーワード最適化ツールに2種類の語順を改行で区切って入力すると、より人気の語順のキーワードが表示されるようです。たとえば「求人埼玉」と「埼玉求人」を同時に調べると、より人気のある「求人埼玉」が表示されます。

狭い地域を狙おう

関東、東京、大阪などの「広い地域」は対象が大きくなるので、旅行がテーマのサイト以外ではキーワードとしてはあまりおすすめしません。逆に「狭い地域」のキーワードは、より具体的な目的をもった人を呼び込めます。地域が狭くなれば検索数も減りますが、「渋谷グルメ」「渋谷歴史」など、地域を絞って多くのテーマを盛り込んだり、逆に「目黒イタリアン」「麻布 イタリアン」など、1つのテーマでいろいろ芯地域を網羅したりすると、サイト全体のアクセス数を上げられます。