キーワードプランナー

SEO対策をする前にGoogleキーワードプランナーでリサーチする
サイト全体のキーワードを絞り込めたらGoogleキーワードプランナーを利用してそのキーワードの詳細な情報を調べてみましょう。
GoogleアカウントにログインしGoogleキーワードプランナーにアクセスして、
新しいキーワードと広告グループの候補を検察をクリックします。

ツールでは、関連性の高いキーワードや、検索の多い キーワードが表示されます。その中から、サイトのアクセスやコンバージョンを高めるキーワードを選ぶ必要があります。自分のサイトの内容、ターゲットをよく考え、キーワードを選びましょう。Googleキーワードプランナーでは、次のような情報を知ることができます。競合性キーワードに対して、他のサイトとどの程度競合しているかが「高」「 中」「低」で表示されます。競合性は、当然低いほうが有利です。
月間平均検索ボリュームは言語を指定して検索した場合の、過去12か月のその国と言語でのおおよその月間平均検索数です。
まずは「競合性」が低いもので、かつ「月間平均検索ボリューム」の多いものがあるかどうか探してみましょう。すべて高いものがあれば、キーワードの有力候補です。そのキーワードが会社として使用可能かどうか、ターゲットとして使えるかどうかを検討してください。もし会社の目的に合わないようなら、会社のサービス内容に合ったキワードを探してください。