見出しタグ

SEO対策で効果を上げるには、サイトに関連するキーワードが、ページの中にテキスト (文字情報)として入っていることが大切です。そこでトップページの本文に、キーワードが含まれるようにしましょう。あなたの会社のサイトにとって重要な「キ ーワード」や、「キーワードに関連する用語」を含めながら、会社や商品の説明、更新情報などを入れていきます。注意点は、キーワード同士を近接して入れないことです。キーワードがあまりに近接していると、ペナルティになってしまう恐れがあります。例えば「SEO.com へようこそ!SEO.のことならご相談ください。SEOは自信を持って製作致します・・・・といった例は、「SEO.」というキーワ ドを詰め込み過ぎです。
キーワードを適度に含むトップページが完成したら、 h1 タグや strong タグ
でキーワードを強調しましょう。 hタグは、 h1~ h6まである見出しを意味する HTMLタグです。数字が小さくなるほど大きな見出しを意昧し、h1は最も大きな見出しになります。h1タグで指定したキーワードは、見た目のサイズが大きくなるだけでなく、検索エンジンからも重要なキーワードと見なされます。 また strongタグは、文中のキーワードを強調するために用いるタグです。 strongタグで指定したキーワードは、画面上では太字表示になります。現在では、hタグも strongタグも SEOの効果はほとんどないという説もありますが、 念のため指定しておくとよいでしょう。強調したいキーワードは、bodyタグの近くに配置すると効果的とも言われています。 なお、 hタグへのキーワードの詰め込み過ぎは、ペナルティになる恐れがありますので注意してください。