Google search console

検索エンジンには、 Web担当者向けの管理ツールが用意されています。例えば
Google の場合、 Google search consoleという管理ツールを無料で提供しています。Google search consoleには、他のツールでは見られないデータの閲覧や、サイトに問題があった際に通知してくれる「新しい重要メッセージ」機能、新しいサイトやページ をインデックスしてもらえる「サイトマップ」機能、サイト検索の「表示回数」「 検索 クエリ」機能など、いろいろな機能があります。「表示回数」の上下により検索エンジンか らの評価がある程度判断できますし、「検索ク工リ」はキーワード分析の材料になります。細かい分析をしないまでも、サイトマップへの登録と、エラーなどがないかチェックするだけでも十分ですので、登録しておきましょう。Google ウェブマスターツールの利用には Google アカウントが必要です。持っていない場合はあらかじめ取得しておきましょう。

SEO会社なら東京SEOメーカー

相互リンク

相互リンクは手間がかかりますが、相手に承諾してもらえれば、もっとも確実に上位表示を達成できるSEO対策手法です。
相互リンクは、優れたSEO対策効果が得られる手法として以前から広く知られ
ていました。現在でも、相互リンクの交渉を地道に続け、優れたリンクを獲得
している人は数多くいます。特に、自分の管理するサイトがPageRank の高
いサイトであった場合、椙互リンクの交渉は格段にはかどります。なぜなら、
交渉相手にとっても、あなたが管理する高いPage Ran kからのリンクは非常
に魅力的だからです。
PageRank4 以上のサイトのトップページから リンクをもらえれば、自作自
演で用意した作りたてのサテライトブログから 張られるリンクの数百倍の効果
が見込めると言われています。実際に、筆者も相互 リンクを積極的に実施する
ようになってから、サテライトブ口グを作ってリンクを張る作業を一切行わな
くなりました。
相互リンクを他のサイトにお願いする際は、サイト内にある連絡用のアドレ
スや、連絡フォームなどを利用して相互リンクを申請します。決まったルール
や手順などはありませんが、礼儀正しい文面で真撃にお願いしなければ成功率
は上がらないのは言うまでもありません。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

SEO のコンテンツ対策

Web ページに掲載するコンテンツの書き方は、 Google からの視線を意識することが非常に重要となります。 内部対策のSEOの次は、コンテンツ対策にチャレンジします。内部対策は、 コンテンツ対策を加えることにより、継続的なSEO施策が実現します。 ここで言う 「コンテ ンツ 」とはWebページに記載する「文章、 写真、動画」
などの中身そのもののことで、読者の自に触れる部分のことを指します。各ページのtitleタグが内部対策で重要なことはすでにお伝えしましたが、ページや記事の本文であるコンテンツも SEO対策の結果に影響を及ぼします。なぜなら、 Googleが「良質なコンテンツ」を作ることを強く推奨しているからです。検索結果の順位も、 Google が「良質なコンテンツ」と判断したサイトが上位表示されやすくなっているのは言うまでもありません。 Google は検索サービスを立ち上げた頃より、「オリジナルでないコンテンツや付加価値のないアフィリエイトサイトは、ウェブマスター向けガイドライ
ン違反となりますので検索順位が下がることがあります」と公式ブログなどでアナウンスしています。無断複製されたコンテンツがガイドライン違反になるのも当然ですが、とにかく Google は「オリジナルコンテンツ」の情報発信を Webサイト運営者に啓蒙しつづけています。コピー&ぺース卜などで複製した記事をそのまま載せているサイ トは 論外です。