SEO のコンテンツ対策

Web ページに掲載するコンテンツの書き方は、 Google からの視線を意識することが非常に重要となります。 内部対策のSEOの次は、コンテンツ対策にチャレンジします。内部対策は、 コンテンツ対策を加えることにより、継続的なSEO施策が実現します。 ここで言う 「コンテ ンツ 」とはWebページに記載する「文章、 写真、動画」
などの中身そのもののことで、読者の自に触れる部分のことを指します。各ページのtitleタグが内部対策で重要なことはすでにお伝えしましたが、ページや記事の本文であるコンテンツも SEO対策の結果に影響を及ぼします。なぜなら、 Googleが「良質なコンテンツ」を作ることを強く推奨しているからです。検索結果の順位も、 Google が「良質なコンテンツ」と判断したサイトが上位表示されやすくなっているのは言うまでもありません。 Google は検索サービスを立ち上げた頃より、「オリジナルでないコンテンツや付加価値のないアフィリエイトサイトは、ウェブマスター向けガイドライ
ン違反となりますので検索順位が下がることがあります」と公式ブログなどでアナウンスしています。無断複製されたコンテンツがガイドライン違反になるのも当然ですが、とにかく Google は「オリジナルコンテンツ」の情報発信を Webサイト運営者に啓蒙しつづけています。コピー&ぺース卜などで複製した記事をそのまま載せているサイ トは 論外です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です