Google search console

検索エンジンには、 Web担当者向けの管理ツールが用意されています。例えば
Google の場合、 Google search consoleという管理ツールを無料で提供しています。Google search consoleには、他のツールでは見られないデータの閲覧や、サイトに問題があった際に通知してくれる「新しい重要メッセージ」機能、新しいサイトやページ をインデックスしてもらえる「サイトマップ」機能、サイト検索の「表示回数」「 検索 クエリ」機能など、いろいろな機能があります。「表示回数」の上下により検索エンジンか らの評価がある程度判断できますし、「検索ク工リ」はキーワード分析の材料になります。細かい分析をしないまでも、サイトマップへの登録と、エラーなどがないかチェックするだけでも十分ですので、登録しておきましょう。Google ウェブマスターツールの利用には Google アカウントが必要です。持っていない場合はあらかじめ取得しておきましょう。

SEO会社なら東京SEOメーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です