Web標準化

Web 標準化はどんな環境でも閲覧可能なウェブサイト作りが目的です。
Web 標準についても少 し触れておこう 。Web標準とは、 W3C が中心となって定められた仕様に基 づいた、 Web 上で標準的に利用される技術の総称である。全世界のどんな人 でも閲覧可能なウェブサイト作りを目的としており、具体的には正しい (X) HTML とCSS を用いて、「文書の構造」と「装飾」を分離するととでサイトの情報的価値を最大限にまで発揮させることを目指している 。つまり、 Web 標準化されたサイトは、どのような閲覧環境でも、ほとんど変わらない装飾とレイアウトでの表現を可能にしたアクセシビリティの高いサイトであると言 える 。 Web 標準化されたサイトの良い点はこれだけではない。実はSEO の観点か らも効果的なのである。 Web 標準に準拠してサイトを作成することにより、 装飾などの視覚表現はCSS で管理することになり、 HTMLには文書の論理構造のみを記述することが可能になる。つまり、検索エンジンが認識できない 装飾表現を 切排除し、より重要視されるテキス卜情報のみをクローラーに 伝えることができるのだ。

コンテンツとSEO

キーワードで含有率を意識するのではなく、ユーザにとって良いコンテンツにすることがSEOでは重要です。
SEOコンサルテイングをしているとページ内のキーワー ド含有率は 何%くらいにしたらよいでしょうかという 質問をよく受ける。 キー ワー ドリ ッチなコンテンツにすることはSEO対策の基本と言われているが、 結論として 何%といった厳密な数字と検索順位はほとんど関係ないと言ってよいだろう。 重要なのは、ページのテーマに合ったコンテンツを書くことであり、その内容がユーザにとって役立ち、わかりやすい情報であるかということである。キーワード含有率は自然と3~5% 程度になるものだ。ユーザにとって良い サイトは、検索エンジンにとっても良いサイトなのだから、厳密な数字を意識するよりも、ユーザにとって良いコンテンツを提供することを意識した方が賢明である。