SEOのブラックハットとは?

ブラックハットとは検索エンジンから禁止されていることを行うSEO、ホワイトハットとは検索エンジンから好かれるSEOのことを指します。確かに、検索エンジンの裏をついて粗悪なサイトを上位表示させることは困りものです。
以前には、キーワー ドを何度も羅列したり、検索エンジンの読む内容と人が見る内容が違うサイ トなどが上位表示するようなこともありました。このような行為は今までも、そ してこれからも一時的な効果があるだけで、すぐにスパム認定されることで しょう。

検索エンジンから嫌われることを行うと、検索エンジンの質が落ちて人々の迷惑になるから悪い、 という考え方もあります。確かにそう いう場合もあるでしょうが、では結果的に良い検索結果になるのであれば良いという考え方もあるのではないでしょうか。
例えば、次のような疑問があります。
有料リンクは禁止されていますが、 同等のものを無料で行ってもらえばいいのでしょうか。 一方的リンクを交換するということはどうでしょうか。もしダメだというならどうして相互リンクは良いのでしょうか。
ヤフーカテゴリーサイトへの登録はブラック、ホワイトでいえば、皆さん疑いなくホワイトと答えるでしょう。 しかし、例えばあるサイトでカテ ゴリ登録を始めて、その登録が有料で簡単に登録でき、 SEO効果期待で行ってもホワイト でしょうか。これと有料リンクのどこが違うのでしょうか。
サイト上の広告はどうでしょう?広告目的ならホワイトで、 SEO目的ならブラックだとしたら、そこに少しでもSEO 目的が入っているとブラックなのでしょうか。 グーグルは広告を掲載するときに、 “nofollow “というク ローラーに対して外部
リンクを追跡しないように指定するタグを入れることを推奨しています。私たち
はグーグルの推奨通りのサイ ト作 りをしなくては、グーグルからスパム判定を受
けてしまう存在なのでしょうか。

「目的が SEO 目的ならブラック、そうでない場合はホワイ ト」とい う人もいます。
そうであるなら、オールドドメインを取得してサイト作成することはSEO目的なのでブラックということになるはずですが、そのようなことを主張する人はほとんどいません。
ヤフーカテゴリ ー登録は現在では主にSEO目的です。
そもそも行動そのものより、「目的」 という内面的なことを善悪の基準に置くと
いうことは結果的に大きな矛盾を生みだします。
このように疑問を呈するときりがありません。
最速のSEOを目指すなら、さまざまな手法を文字通り臼か黒か分けるような単純な発想はやめましょう。
大切なことは質の高い検索エンジン結果の構築を助けることはあっても、足を引っ張るようなことをしないことだと思います。 そして何よりあなたのサイトを上位表示にふさわしいサイトに仕立てて、堂々と早く上位表示をさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です