SEOとリンク元ページのリンクとは

ユーザーがクリックしやすいということは評価につながっていきます。アンカーテキストのフォントのサイズや色、その他の書式、そしてリンクの出現箇所といったこと、アンカーテキストの単語数、リンクのアフィリエイトリンクといったものを考えていきます。被リンク効果を高めるために、すべてのアンカーテキストのフォントサイズを大きくすればよいというわけではありませんし、太字にすれば良いなどといった安易な考えは止めたほうがいいでしょう。価値評価というのはあくまでページ内での相対的なもの。安易な考えでのSEO施策は無意味となります。ユーザーにとって何が最適な表示なのか、そこに重点を置くことこそ、リンクの重要度に差が生まれるというものです。リーズナブルサーファーモデルでは、コンテンツの関連性もページランクの配分ロジックに組み込まれていて、被リンク元のコンテンツと関連性が高いページへのリンクに対して、より重点的にページランクが分配されます。これはユーザーにとっては、閲覧中のコンテンツと関連性があった方が有益だからです。こうしたコンテンツの関連性を把握できるようになったのは、自然言語解析技術の発展があったからこです。グーグルが誕生する前の検索エンジンというのは自然言語解析技術が未熟でした。検索ワードがコンテンツにどのくらい含まれているかというような単純なことで、検索結果の順位を決めていました。自然言語解析技術が発展して、文書に登場する単語やアンカーテキストだけに頼らないコンテンツ理解が可能になったといえるのです。リンクエイジというのは、リンクが初めて張られてからの経過時間を表しています。リンクエイジも評価に影響を与えます。