手動ペナルティの改善

ホームページの順位が一気に落ちてしまったときには、Googleからペナルティを受けたかどうか疑うかもしれません。しかし、やましいことがあるという場合を別にすると、アルゴリズムが変動したなどの原因も考えられますので、一概にペナルティとは判断できません。もしホームページに何か問題があったとしても、例えばキーワードを不自然に使いすぎている場合などは自分で修正をすれば順位回復につながります。自動のペナルティであったとしても、アルゴリズムによる順位の下落であったとしても、問題さえなくなれば元に戻れる可能性は高いと言えます。しかし手動でのペナルティを受けてしまった場合には、別の対応が必要となるので注意が必要です。手動のペナルティかどうかは、Googleのサーチコンソールに登録しておけば通知がくるのですぐに把握することができます。すぐにペナルティ解除ができるように必ず登録しておきましょう。ペナルティがあった場合には、通知内容に具体的な指示が書かれています。「不自然なリンクがあった」「コンテンツが低品質である」「マルウェアの感染の疑いがある」などです。自分で解決できる問題であればすぐに修正をして、再審査を行いましょう。この再審査を行わなければ、コンテンツの改善を行っていたとしても順位回復ができません。長くとも一週間程度で審査は終わります。もし不備があって回復ができないという場合には、改めてその旨が記載された通知が届くので確認しましょう。ただし、例えばマルウェア感染などの「自分の問題ではない」という場合には、先にサーバー会社に依頼をして対応してもらうなどが必要になります。何が問題であるのかを判断して、適切な対応を行いましょう。