グラフィックス

ウェブページにとって、画像の存在というのは今や欠かせないものであると言えるでしょう。ホームページ作成に伴うウェブデザインにおいて、デジタル画像関蓮の知識は、これから必要不可欠になるとも言えるでしょう。デジタル画像の基礎として、ウェブページに画像を利用するためにはデジタル画像の色や形式などをデジタルでの表現という観点で理解しておくべきと言えるでしょう。デジタル画像というのは、格子状に並ぶ標本点で量子化された値を記録することによって表されているものとされ、デジタル画像の標本点を「ピクセル(画素)」と呼んでいます。1ビットの量子化の場合、色の濃淡表現は2段階で表現することになるため「2値画像」と呼ばれています。また、よく耳にする「グレースケール」というのは、白から黒の明暗だけで表現された画像のことで、例えば、8ビットの量子化の場合256階調、16ビットの量子化の場合、65536階調のグレースケール画像となるでしょう。カラー画像においては、量子化はRGBごとに行われるようで、RGB各8ビットの量子化の場合、合計24ビットとなり、約1677万色を表現できるとされています。ややこしいと感じる部分は「解像度」ではないでしょうか。デジタル画像の解像度というのは、標本化間隔というもので定められており、dpiという単位で表示されているようです。dpiというのは、1インチあたり何点の標本点を用いるかというものを表したものとされています。例えば、150dpiと300dpiでは、後者の方が2倍の解像度となり、5インチ×5インチサイズの写真を入力した時、150dpiの場合、画素数は750×750で562500、300dpiの場合、1500×1500で2250000となるでしょう。この数字は、もともと画素数ですが、時に画素数=解像度というように用いられることもあるようです。画像全体のサイズが同じ場合、画素数が多い画像の方が解像度の高い画像と言えるでしょう。画像サイズについては、画素数×量子化ビット数と計算すると良いでしょう。