検索順位アップのちょっとしたコツ

SEOというのは、検索順位を上げるための技術です。基本は決定したキーワードを使ってブログやホームページを作ったり記事を書いたりしていくこととなります。

ここで、すぐにできるちょっとした検索順位アップのコツをご紹介しましょう。

 

1「ブログのタイトル→記事のタイトルの 順で具体的に。

検索エンジンでは、色々なことについて書いてあるサイトよりも、1つのテーマに絞って扱っているサイトの方を評価する傾向があります。そのため、「ブログのタイトル→記事のタイトルの 順で具体的になるのが理想です。

2、重要なキーワードl志、できるだけ最初に使う。

検索エンジンは、タイトルの中でも一番はじめに出てくるキーワード を重要視しているといわれています。ですから、上位表示させたいキーワードは最初の位置に使うといいでしょう。

3、複合キーワードは近い位置に使用する。

複合キーワードというのは、2つのキーワードの組み合わせとなっています。これを使う場合、その2つのキーワードの位置は、なるべく近づけるのが原則です。

SEOのブラックハットとは?

ブラックハットとは検索エンジンから禁止されていることを行うSEO、ホワイトハットとは検索エンジンから好かれるSEOのことを指します。確かに、検索エンジンの裏をついて粗悪なサイトを上位表示させることは困りものです。
以前には、キーワー ドを何度も羅列したり、検索エンジンの読む内容と人が見る内容が違うサイ トなどが上位表示するようなこともありました。このような行為は今までも、そ してこれからも一時的な効果があるだけで、すぐにスパム認定されることで しょう。

検索エンジンから嫌われることを行うと、検索エンジンの質が落ちて人々の迷惑になるから悪い、 という考え方もあります。確かにそう いう場合もあるでしょうが、では結果的に良い検索結果になるのであれば良いという考え方もあるのではないでしょうか。
例えば、次のような疑問があります。
有料リンクは禁止されていますが、 同等のものを無料で行ってもらえばいいのでしょうか。 一方的リンクを交換するということはどうでしょうか。もしダメだというならどうして相互リンクは良いのでしょうか。
ヤフーカテゴリーサイトへの登録はブラック、ホワイトでいえば、皆さん疑いなくホワイトと答えるでしょう。 しかし、例えばあるサイトでカテ ゴリ登録を始めて、その登録が有料で簡単に登録でき、 SEO効果期待で行ってもホワイト でしょうか。これと有料リンクのどこが違うのでしょうか。
サイト上の広告はどうでしょう?広告目的ならホワイトで、 SEO目的ならブラックだとしたら、そこに少しでもSEO 目的が入っているとブラックなのでしょうか。 グーグルは広告を掲載するときに、 “nofollow “というク ローラーに対して外部
リンクを追跡しないように指定するタグを入れることを推奨しています。私たち
はグーグルの推奨通りのサイ ト作 りをしなくては、グーグルからスパム判定を受
けてしまう存在なのでしょうか。

「目的が SEO 目的ならブラック、そうでない場合はホワイ ト」とい う人もいます。
そうであるなら、オールドドメインを取得してサイト作成することはSEO目的なのでブラックということになるはずですが、そのようなことを主張する人はほとんどいません。
ヤフーカテゴリ ー登録は現在では主にSEO目的です。
そもそも行動そのものより、「目的」 という内面的なことを善悪の基準に置くと
いうことは結果的に大きな矛盾を生みだします。
このように疑問を呈するときりがありません。
最速のSEOを目指すなら、さまざまな手法を文字通り臼か黒か分けるような単純な発想はやめましょう。
大切なことは質の高い検索エンジン結果の構築を助けることはあっても、足を引っ張るようなことをしないことだと思います。 そして何よりあなたのサイトを上位表示にふさわしいサイトに仕立てて、堂々と早く上位表示をさせましょう。

サイトに工夫を

SEOによる上位表示、もしくは広告を出すことにより、自分のサイトにアクセスが流れてきたら、 実際に利益に結びつけることが大切 です。費用対効果を高めるために、できるだけサイトに工夫を施しま す。ランデイングページの作成や商品紹介ページの改良、ユーザーの 声や Q&Aページの設置、無料お試し版の企画なども効果的です。

サイトには、必ずアクセス解析を設置 しましょう。アクセス解析とは 、 閲 覧 者 の 検 索 キーワードやサイト滞在時の動作、 環境などの情報を把握し 、 閲 覧 者 に合わせたサイトを運用することに よって、アクセス数を向上させるた めの重要なツールです。

アクセス数と売り上げから新しく サイトに追加したコンテンツに、実 際に効果があったかどうかを調べることができます。複数のアイデア がある場合は、それぞれ別のランデイングページ ・販売ページを作り ます。そして、広告からそれぞれのページにアクセスを流すことによっ て、売り上げに結びついているコンテンツ、そうでないコンテンツを 客観的な数字から調べることができます。

モバイルと表示速度

モバイルの弱点、 それは表示速度。表示速度がいずれ多大な影響を及ぼします。
ここでは、モバイルの弱点について述べていきます。lつは、手軽さはあるが、画面が小さいということ。そしてここで特に取り上げるのがとして作られています。それに比べると、モバイルの回線速度は遅く、 PC と同じ容量を読み込ませようとすると、少々遅延が発生してしまうことがあります。 なお、ネット環境が改善されつつある今日でも、インフラ整備が完全 に整っているとは言い難い地域もあり、スマー トフォンでインタ ーネットを閲覧するユーザーの目線に立ち、表示速度をできるだけ改善するこ とが 重要なのです。

NAVERの特徴

NAVERの特徴は、検索結果のページが非常に長いこと。検索するキーワードによってカテゴリ順の違いはありますが、検索連動型広告、知識 ln (韓国版Yahoo! 知恵袋)、ショッピング検索、ブログ、オーガニック検索、ディレクトリサイト、カフェ、ニュース、画像、動画、辞書・・・と、多くの情報が1ページに表示されています。このため、2ページ目以降への選移は日本よりも非常に少なくなっています。

これは、NAVERをはじめ韓国の大手検索エンジンが採用している、統合検索という方式によるものです。統合検索とは、キーワードごとにどのような検索ニーズがあるのかを分析して、キーワードに応じて表示順を変えるというもの。

NAVERの場合、表示パターンは2つあります。1つは「コレクションランキング」で、キーワードによってカテゴリ自体の順番が変わるもの。たとえば「映画」で検索した場合は動聞のカテゴリが上位に、「野球速報」で検索した場合は、情報が速いブログやニュースのカテゴリが表示されます。もうIつは「マルチランキング」で、こちらはカテゴリは固定のまま、カテゴリ内のどのサイトを上位表示させるのかを決める仕様です。

この2つの特徴を踏まえて、SEO SEM 戦を練る必要があります。

  1. 検索連動型広告「クリックチョイス」
  2. ブランド広告

h1タグの注意点

それではここから、h1タグを作成する際の注意点を記していきます。

  1. 本文中(くbody>肉)の上部に配置しよう
  2. キーワードを前部(左側)に含めよう
  3. キーワードの使用は1回のみにしよう
  4. 名調の羅列にしないようにしよう
  5. titleやh2と閉じにしないようにしよう
  6. 文字数を多くしすぎないようにしよう
  7. h1 の数は1ページ肉1つにしよう
  8. h2やh3などの見出しをh1より先に書かないようにしよう
  9. 他のページと重複させないようにしよう
  10. 見えない文字や極端に小さな文字にしないようにしよう
  11. 画像を使用しない(テキストにする)ようにしよう
  12. strongタグとの併用をしないようにしよう

パーマリンク設定

パーマリンクとは、ブログ形式のサイ トのエントリーページ(過去記事) に付与される URLのことです。 WordPress の場合、「設定」→ パー マリンク設定」で5種類のパーマリン クと 1種類のカスタム構造が選べますが、 「投 稿 名」という設定を選ぶことで、 URL に記事タイトルを付与することができま す。つまり、このパーマリンクの設定で、記事タイトルに入れておいたキー ワードを日本語URLとして表示でき るのです。 この URL に含まれた日本語の部分は検索エンジンにもヒッ トします。 Google の検索結果には、検索結果のページタイ トルと メタディスク リプシ ヨン、ページの UR しが 表示されますが、 URL の日本語部分は太字で表示され、 キーワードであることが強調されます。一般的なホーム ページに差をつけや すいSEO です。

ホームページの記事内にあるキーワードを再確認

あなたの企業ホームページには、どんなことが書いてありますか? ホー ムペ ージの内容はユーザーにと って有益な情報でなければ意昧がありませんし、ユーザーが必要としていない情報は伝わることはありません。 企業ホームページでは、特に 「誰が」「誰に」「何を」伝えるのかが重要です。 ただ書かれている文章よりも、専門的な知識を持った社内の担当者が書 くこ とによって読みたくなる文章に変わります。 また、ホームページの中のキーワード出現率を気にされる方もいますが、 あまりキーワード出現率を気にすると、キーワードばかりが文中に増えてしまい、意昧不明な文章になってしまうことも多くあります。不自然かつ興昧 を持ちにくい内容になっているのであれば、キーワードの出現率よりも、訪 問者にとって役に立つ内容を優先して書くように しまし ょう。

Web標準化

Web 標準化はどんな環境でも閲覧可能なウェブサイト作りが目的です。
Web 標準についても少 し触れておこう 。Web標準とは、 W3C が中心となって定められた仕様に基 づいた、 Web 上で標準的に利用される技術の総称である。全世界のどんな人 でも閲覧可能なウェブサイト作りを目的としており、具体的には正しい (X) HTML とCSS を用いて、「文書の構造」と「装飾」を分離するととでサイトの情報的価値を最大限にまで発揮させることを目指している 。つまり、 Web 標準化されたサイトは、どのような閲覧環境でも、ほとんど変わらない装飾とレイアウトでの表現を可能にしたアクセシビリティの高いサイトであると言 える 。 Web 標準化されたサイトの良い点はこれだけではない。実はSEO の観点か らも効果的なのである。 Web 標準に準拠してサイトを作成することにより、 装飾などの視覚表現はCSS で管理することになり、 HTMLには文書の論理構造のみを記述することが可能になる。つまり、検索エンジンが認識できない 装飾表現を 切排除し、より重要視されるテキス卜情報のみをクローラーに 伝えることができるのだ。

コンテンツとSEO

キーワードで含有率を意識するのではなく、ユーザにとって良いコンテンツにすることがSEOでは重要です。
SEOコンサルテイングをしているとページ内のキーワー ド含有率は 何%くらいにしたらよいでしょうかという 質問をよく受ける。 キー ワー ドリ ッチなコンテンツにすることはSEO対策の基本と言われているが、 結論として 何%といった厳密な数字と検索順位はほとんど関係ないと言ってよいだろう。 重要なのは、ページのテーマに合ったコンテンツを書くことであり、その内容がユーザにとって役立ち、わかりやすい情報であるかということである。キーワード含有率は自然と3~5% 程度になるものだ。ユーザにとって良い サイトは、検索エンジンにとっても良いサイトなのだから、厳密な数字を意識するよりも、ユーザにとって良いコンテンツを提供することを意識した方が賢明である。