h1タグの注意点

それではここから、h1タグを作成する際の注意点を記していきます。

  1. 本文中(くbody>肉)の上部に配置しよう
  2. キーワードを前部(左側)に含めよう
  3. キーワードの使用は1回のみにしよう
  4. 名調の羅列にしないようにしよう
  5. titleやh2と閉じにしないようにしよう
  6. 文字数を多くしすぎないようにしよう
  7. h1 の数は1ページ肉1つにしよう
  8. h2やh3などの見出しをh1より先に書かないようにしよう
  9. 他のページと重複させないようにしよう
  10. 見えない文字や極端に小さな文字にしないようにしよう
  11. 画像を使用しない(テキストにする)ようにしよう
  12. strongタグとの併用をしないようにしよう

パーマリンク設定

パーマリンクとは、ブログ形式のサイ トのエントリーページ(過去記事) に付与される URLのことです。 WordPress の場合、「設定」→ パー マリンク設定」で5種類のパーマリン クと 1種類のカスタム構造が選べますが、 「投 稿 名」という設定を選ぶことで、 URL に記事タイトルを付与することができま す。つまり、このパーマリンクの設定で、記事タイトルに入れておいたキー ワードを日本語URLとして表示でき るのです。 この URL に含まれた日本語の部分は検索エンジンにもヒッ トします。 Google の検索結果には、検索結果のページタイ トルと メタディスク リプシ ヨン、ページの UR しが 表示されますが、 URL の日本語部分は太字で表示され、 キーワードであることが強調されます。一般的なホーム ページに差をつけや すいSEO です。

ホームページの記事内にあるキーワードを再確認

あなたの企業ホームページには、どんなことが書いてありますか? ホー ムペ ージの内容はユーザーにと って有益な情報でなければ意昧がありませんし、ユーザーが必要としていない情報は伝わることはありません。 企業ホームページでは、特に 「誰が」「誰に」「何を」伝えるのかが重要です。 ただ書かれている文章よりも、専門的な知識を持った社内の担当者が書 くこ とによって読みたくなる文章に変わります。 また、ホームページの中のキーワード出現率を気にされる方もいますが、 あまりキーワード出現率を気にすると、キーワードばかりが文中に増えてしまい、意昧不明な文章になってしまうことも多くあります。不自然かつ興昧 を持ちにくい内容になっているのであれば、キーワードの出現率よりも、訪 問者にとって役に立つ内容を優先して書くように しまし ょう。

Web標準化

Web 標準化はどんな環境でも閲覧可能なウェブサイト作りが目的です。
Web 標準についても少 し触れておこう 。Web標準とは、 W3C が中心となって定められた仕様に基 づいた、 Web 上で標準的に利用される技術の総称である。全世界のどんな人 でも閲覧可能なウェブサイト作りを目的としており、具体的には正しい (X) HTML とCSS を用いて、「文書の構造」と「装飾」を分離するととでサイトの情報的価値を最大限にまで発揮させることを目指している 。つまり、 Web 標準化されたサイトは、どのような閲覧環境でも、ほとんど変わらない装飾とレイアウトでの表現を可能にしたアクセシビリティの高いサイトであると言 える 。 Web 標準化されたサイトの良い点はこれだけではない。実はSEO の観点か らも効果的なのである。 Web 標準に準拠してサイトを作成することにより、 装飾などの視覚表現はCSS で管理することになり、 HTMLには文書の論理構造のみを記述することが可能になる。つまり、検索エンジンが認識できない 装飾表現を 切排除し、より重要視されるテキス卜情報のみをクローラーに 伝えることができるのだ。

コンテンツとSEO

キーワードで含有率を意識するのではなく、ユーザにとって良いコンテンツにすることがSEOでは重要です。
SEOコンサルテイングをしているとページ内のキーワー ド含有率は 何%くらいにしたらよいでしょうかという 質問をよく受ける。 キー ワー ドリ ッチなコンテンツにすることはSEO対策の基本と言われているが、 結論として 何%といった厳密な数字と検索順位はほとんど関係ないと言ってよいだろう。 重要なのは、ページのテーマに合ったコンテンツを書くことであり、その内容がユーザにとって役立ち、わかりやすい情報であるかということである。キーワード含有率は自然と3~5% 程度になるものだ。ユーザにとって良い サイトは、検索エンジンにとっても良いサイトなのだから、厳密な数字を意識するよりも、ユーザにとって良いコンテンツを提供することを意識した方が賢明である。

サイトマップ

サイトマップとは、サイト内のページをまとめて表したリンクの一覧表のようなもので、ページ数の多いサイトや階層の深いサイトほど、サイトマッ プの存在が有効になる。 クローラ はリンクをたどってサイト内を巡回するわけだが、そのページ のどこかのリンクをたどって新しいページへ訪れるよりも、サイトマップのようにサイト内のページを一覧にまとめたリンクをたどる方が、より早く確実にサイト内を巡回できる。また、サイトマップを見るだけで、そのサイトにはどのような内容が書かれているのかをある程度認識することが可能になるのだ。これはユーザにとっても同様で、サイトマ ップの作成はユーザビリティの向上にもつながる。ただ、ここで注意すべきことが3つある 。 1つは、サイトマップのリンクはテキストで張らなければいけないということ 。適切にサイトマップを設置していても、それぞれのリンクが画像で作られた文字であれば検索エンジンはそのリンクを認識することができないからだ。2つ目は 1ファイル内のリンクが100を超える場合は、サイトマップを 分割すること。3つ目は、サイトマ ップを検索エンジンのためだけに作成しないこと。 サイトマップは検索エンジンとユーザの両方が適切にサイト内を巡回でき るように作成することが重要である。

Google search console

検索エンジンには、 Web担当者向けの管理ツールが用意されています。例えば
Google の場合、 Google search consoleという管理ツールを無料で提供しています。Google search consoleには、他のツールでは見られないデータの閲覧や、サイトに問題があった際に通知してくれる「新しい重要メッセージ」機能、新しいサイトやページ をインデックスしてもらえる「サイトマップ」機能、サイト検索の「表示回数」「 検索 クエリ」機能など、いろいろな機能があります。「表示回数」の上下により検索エンジンか らの評価がある程度判断できますし、「検索ク工リ」はキーワード分析の材料になります。細かい分析をしないまでも、サイトマップへの登録と、エラーなどがないかチェックするだけでも十分ですので、登録しておきましょう。Google ウェブマスターツールの利用には Google アカウントが必要です。持っていない場合はあらかじめ取得しておきましょう。

SEO会社なら東京SEOメーカー

相互リンク

相互リンクは手間がかかりますが、相手に承諾してもらえれば、もっとも確実に上位表示を達成できるSEO対策手法です。
相互リンクは、優れたSEO対策効果が得られる手法として以前から広く知られ
ていました。現在でも、相互リンクの交渉を地道に続け、優れたリンクを獲得
している人は数多くいます。特に、自分の管理するサイトがPageRank の高
いサイトであった場合、椙互リンクの交渉は格段にはかどります。なぜなら、
交渉相手にとっても、あなたが管理する高いPage Ran kからのリンクは非常
に魅力的だからです。
PageRank4 以上のサイトのトップページから リンクをもらえれば、自作自
演で用意した作りたてのサテライトブログから 張られるリンクの数百倍の効果
が見込めると言われています。実際に、筆者も相互 リンクを積極的に実施する
ようになってから、サテライトブ口グを作ってリンクを張る作業を一切行わな
くなりました。
相互リンクを他のサイトにお願いする際は、サイト内にある連絡用のアドレ
スや、連絡フォームなどを利用して相互リンクを申請します。決まったルール
や手順などはありませんが、礼儀正しい文面で真撃にお願いしなければ成功率
は上がらないのは言うまでもありません。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

SEO のコンテンツ対策

Web ページに掲載するコンテンツの書き方は、 Google からの視線を意識することが非常に重要となります。 内部対策のSEOの次は、コンテンツ対策にチャレンジします。内部対策は、 コンテンツ対策を加えることにより、継続的なSEO施策が実現します。 ここで言う 「コンテ ンツ 」とはWebページに記載する「文章、 写真、動画」
などの中身そのもののことで、読者の自に触れる部分のことを指します。各ページのtitleタグが内部対策で重要なことはすでにお伝えしましたが、ページや記事の本文であるコンテンツも SEO対策の結果に影響を及ぼします。なぜなら、 Googleが「良質なコンテンツ」を作ることを強く推奨しているからです。検索結果の順位も、 Google が「良質なコンテンツ」と判断したサイトが上位表示されやすくなっているのは言うまでもありません。 Google は検索サービスを立ち上げた頃より、「オリジナルでないコンテンツや付加価値のないアフィリエイトサイトは、ウェブマスター向けガイドライ
ン違反となりますので検索順位が下がることがあります」と公式ブログなどでアナウンスしています。無断複製されたコンテンツがガイドライン違反になるのも当然ですが、とにかく Google は「オリジナルコンテンツ」の情報発信を Webサイト運営者に啓蒙しつづけています。コピー&ぺース卜などで複製した記事をそのまま載せているサイ トは 論外です。