サイトマップ

サイトマップとは、サイト内のページをまとめて表したリンクの一覧表のようなもので、ページ数の多いサイトや階層の深いサイトほど、サイトマッ プの存在が有効になる。 クローラ はリンクをたどってサイト内を巡回するわけだが、そのページ のどこかのリンクをたどって新しいページへ訪れるよりも、サイトマップのようにサイト内のページを一覧にまとめたリンクをたどる方が、より早く確実にサイト内を巡回できる。また、サイトマップを見るだけで、そのサイトにはどのような内容が書かれているのかをある程度認識することが可能になるのだ。これはユーザにとっても同様で、サイトマ ップの作成はユーザビリティの向上にもつながる。ただ、ここで注意すべきことが3つある 。 1つは、サイトマップのリンクはテキストで張らなければいけないということ 。適切にサイトマップを設置していても、それぞれのリンクが画像で作られた文字であれば検索エンジンはそのリンクを認識することができないからだ。2つ目は 1ファイル内のリンクが100を超える場合は、サイトマップを 分割すること。3つ目は、サイトマ ップを検索エンジンのためだけに作成しないこと。 サイトマップは検索エンジンとユーザの両方が適切にサイト内を巡回でき るように作成することが重要である。

Google search console

検索エンジンには、 Web担当者向けの管理ツールが用意されています。例えば
Google の場合、 Google search consoleという管理ツールを無料で提供しています。Google search consoleには、他のツールでは見られないデータの閲覧や、サイトに問題があった際に通知してくれる「新しい重要メッセージ」機能、新しいサイトやページ をインデックスしてもらえる「サイトマップ」機能、サイト検索の「表示回数」「 検索 クエリ」機能など、いろいろな機能があります。「表示回数」の上下により検索エンジンか らの評価がある程度判断できますし、「検索ク工リ」はキーワード分析の材料になります。細かい分析をしないまでも、サイトマップへの登録と、エラーなどがないかチェックするだけでも十分ですので、登録しておきましょう。Google ウェブマスターツールの利用には Google アカウントが必要です。持っていない場合はあらかじめ取得しておきましょう。

SEO会社なら東京SEOメーカー