SEOのメリット

自然検索のクリック率は50%以上 検索エンジンが表示する検索結果は、検索アルゴリズムという技術でウェブページを順序別に表示する自然検索という枠と、キーワ ードに連動して表示される広告枠に分けられます。あらゆる、調査でいずれも自然検索 (通常の検索)のクリック数の割合が50%を超えていることを示しています。

これは、リンクをクリックしては検索結果に戻り、また探してい る情報がありそうなリンクをクリックする、というユーザーの検索 行動と関係があります。画面の最上部や右側に表示される広告は、 検索をした一番最初でこそ閲覧されますしクリックもされますが、 ユーザーの視線移動が上から下に移動するため、特に2回目、3回目以降は自然検索がクリックされやすいのです。
このため、検索エンジンからの集客をするのであれば自然検索の対策であるSEOは欠かせないのです。

<SEOが注目されている理由>
検索キーワードはユーザーの興味・関心を表している。
ユーザーが興昧を持ったその瞬間に情報を届けられるSEOを上手に使えば、ターゲッ卜顧客だけを集められる。

レスポンシブウェブデザイン

グーグルは、デバイスのご判定リスクがない、リンク共有時に、デバイスに関わらず最適な表示が可能、クロールパジェットを節約できるという理由で、レスポンシブウエブデザインを推奨しています。

レスポンシブウェブデザインというのは、デバイスに関わらず同一のURLで最適なページを表示することができます。

SNSなどで共有されたリンクをユーザーがどんなデバイスで開いても最適なコンテンツが表示されるということです。

ただし、デバイスごとにURLが違う場合は、SNSで共有されたリンクがPC用だったりすると、適切なリダイレクト処理がなかったら、ユーザーがモバイルでそのリンクを開いたら最適なコンテツを提供はできません。

同一URLかつ同一HTMLであれば、各デバイスで表示されるコンテンツは一回のクロールですべて取得できるということです。

けれど、異なるURLや異なるHTMLの場合は、PC/モバイルそれぞれのユーザーエージェントでクロールする必要があります。これはクロールバジェットを余分に消費しているということです。

グーグルはレスポンシブウエブデザインの採用を推奨しているのですが、これはデバイスの間で、レイアウト・コンテンツを大幅に変更しにくいというデメリットがあります。

そのため、実際の現場では「動的な配信」が採用されるということも多いようです。

PCとモバイルを別々で施策を実施する場合には、別々のHTMLファイルである方が管理しやすいということもあります。

デバイスごとの施策を実施する可能性が低い場合には、レスポンシブウェブデザインを、そうでない場合は、動的な配信を採用するといいようです。

モバイルのスタイルを考えていく必要もあるようです。

近年のSEO対策は複雑化している

“SEOとは、 Search Engine Optimization の略で、検索エンジン最適化 と訳される。疑問を日常生活で持ったときに、インターネッ トで「検索」して答えを探すという行動が一般的に行われている。「検索」は私達の生活に密着し、すでに 習慣化していると言えるだろう。このように「検索」をする機会の増加に従って、ユーザが「検索」をしたときに、自社のWeb サイトが検索にヒットす れば大きな宣伝効果をもたうすだろう。このような発想の基に誕生したのが SEO (検索 エンジン最適化)です。すなわち、 Google やYahoo JAPAN などの検索エンジンの検索結果に自社サイトをヒットさせやすくする技術や手法の ととを SEOと呼びます。

SEO対策のメリットとして、ターゲットユーザのみに 効率的に集客を行うことができるという点です。ターゲットユーザとは、あな たのサイトの情報をピンポイントで欲しいと考えているユーザを指す。検索キーワー ドには、買いたい、情報を探したいという意図 が含まれており、 SEOはその検索意図にずばりターゲティングできる点が、 テレビCMやパナ一広告と比べ優れていると言えるだろう。一方で、テレビ CM やパナ一広告は、広く告知をするという意昧では効果的な宣伝手法だ。 目的に応じて、宣伝手法を選択していくことも重要なポイントである。

キーワードの配置

コンテンツ作りの中心をなす重要キーワード選定は、SEO(検索エンジン最適化)に大きく影響している事としてよく知られるところです。また、キーワードの配置具合(前後関係含め)も現時点ではまだまだ影響度が少なからずある、と言われています。例えば、キーワードAとBをこの順番で検索結果上位を目指そうとするならば、具体的な配置も「<p>~A・B~</p>」というように記載したほうが良いということです。ただし、この時に気を付けなくてはいけないのが、ユーザーにとって「わかりやすい」がコンテンツ作りの優先要素となるため、読みにくい文章になっているようではかえって逆効果です。この辺はケースバイケースで考えた方がいいでしょう。このようなことは、キーワードの配置順だけでなく、文章全体でも言えることです。ユーザーがWebページ内の文書を読み進めていくときに、違和感をおぼえるような文章ではその先は読まず、他のサイトへ移ってしまうことも十分考えられます。例えば、「外壁塗装 横浜」で検索上位を目指そうとするならば、「<p>外壁塗装横浜の○○社へ・・・・」と順番そのままで書くと、読んでいて違和感をおぼえませんか。こんな時は「<p>外壁塗装なら横浜の○○社へ・・・・」というように、一工夫してそれを減らすよう心掛けた方がユーザーにとっても有難いと思えるのではないでしょうか。更にもう一つキーワードの配置で注意してほしいことがあります。文章内で同じキーワードの近づけすぎには注意、ということ。例えば、「<p>タワーマンションのみなとみらい○○社は、タワーマンション管理会社として皆様のみなとみらいでのより良い生活をサポートさせていただきます</p>」とキーワードが近くで、しかもダブって使われています。これでは、読む方ではしつこさを、検索エンジンのロボットでも「作為」を感じてしまうでしょう。ここは「<p>タワーマンションのみなとみらい○○社は、皆様のより良い生活をサポートさせていただきます</p>」とキーワードの繰り返しはバッサリカットして、好印象を持たれるような素直な文章にした方が良い結果をもたらすのではと思います。ちょっとした配慮で大きく結果を左右しかねない場合があります。最終的には、自分がユーザーの立場なら、と常日頃から自問自答しつつ事を運んでいくのが良いのではないでしょうか。

グラフィックス

ウェブページにとって、画像の存在というのは今や欠かせないものであると言えるでしょう。ホームページ作成に伴うウェブデザインにおいて、デジタル画像関蓮の知識は、これから必要不可欠になるとも言えるでしょう。デジタル画像の基礎として、ウェブページに画像を利用するためにはデジタル画像の色や形式などをデジタルでの表現という観点で理解しておくべきと言えるでしょう。デジタル画像というのは、格子状に並ぶ標本点で量子化された値を記録することによって表されているものとされ、デジタル画像の標本点を「ピクセル(画素)」と呼んでいます。1ビットの量子化の場合、色の濃淡表現は2段階で表現することになるため「2値画像」と呼ばれています。また、よく耳にする「グレースケール」というのは、白から黒の明暗だけで表現された画像のことで、例えば、8ビットの量子化の場合256階調、16ビットの量子化の場合、65536階調のグレースケール画像となるでしょう。カラー画像においては、量子化はRGBごとに行われるようで、RGB各8ビットの量子化の場合、合計24ビットとなり、約1677万色を表現できるとされています。ややこしいと感じる部分は「解像度」ではないでしょうか。デジタル画像の解像度というのは、標本化間隔というもので定められており、dpiという単位で表示されているようです。dpiというのは、1インチあたり何点の標本点を用いるかというものを表したものとされています。例えば、150dpiと300dpiでは、後者の方が2倍の解像度となり、5インチ×5インチサイズの写真を入力した時、150dpiの場合、画素数は750×750で562500、300dpiの場合、1500×1500で2250000となるでしょう。この数字は、もともと画素数ですが、時に画素数=解像度というように用いられることもあるようです。画像全体のサイズが同じ場合、画素数が多い画像の方が解像度の高い画像と言えるでしょう。画像サイズについては、画素数×量子化ビット数と計算すると良いでしょう。

コミュニケーションツール

ホームページ作成の際には、ブラウザで閲覧するページ本体を作成していくほかに、アンケートフォームや掲示板やなど、ユーザーとコミュニケーションをとることのできるツールを設置し、ユーザーと対話を行う場を持つことも大切な要素であると言えるでしょう。アンケートフォームなどに使用される「フォーム」というのは「定型文書」という意味を持っており、ページを閲覧する人が、ダイアログボックスなどのような「いくつかの選択肢から簡単な操作で項目を選ぶ」ことや、予め用意された質問に対して簡単なに入力を行ってもらい、送信ボタンをクリックすることで送信されるツールと言えるでしょう。 もちろんメールアドレスへのリンクでも、閲覧者からメッセージを送信するという構図は変わりないと言えますが、予め用意されたものに返答するだけという形式と、書くことを自分でまとめなければならないメールとでは、どちらが気軽にメッセージを送信することができるでしょう?考えるまでもなく、定型文の利用の方がたくさんの人が気軽にコメントを寄せてくれるのではないでしょうか。チェックボックスやラジオボタン、テキストボックスと言った、より閲覧者が気軽に取り組みやすいものを駆使したフォームなどを設けることにより、閲覧者は気軽にメッセージを送ることができ、運営側は、より有意義なコミュニケーションを取りながら、改善点といった有益な情報も掴みやすくなると言えるでしょう。また、フォームを利用してアンケー トを取った場合には、その集計結果や内容、そこから考えられるユーザーへの有益情報といったものを紹介するページ作成をするのも良いでしょう。情報収集するだけではなく、その情報をフィー ドパックしていくことで、閲覧者との関係はより深いものへとなっていくかもしれません。ただし、ここで注意しなければならないのは、アンケート内容やコメントなどを引用したい場合には、きちんと本人の許可を取るべきと言えるでしょう。これを怠ってしまうと、反対にユーザーとの関係にヒビが入ってしまう原因となるでしょう。

手動ペナルティの改善

ホームページの順位が一気に落ちてしまったときには、Googleからペナルティを受けたかどうか疑うかもしれません。しかし、やましいことがあるという場合を別にすると、アルゴリズムが変動したなどの原因も考えられますので、一概にペナルティとは判断できません。もしホームページに何か問題があったとしても、例えばキーワードを不自然に使いすぎている場合などは自分で修正をすれば順位回復につながります。自動のペナルティであったとしても、アルゴリズムによる順位の下落であったとしても、問題さえなくなれば元に戻れる可能性は高いと言えます。しかし手動でのペナルティを受けてしまった場合には、別の対応が必要となるので注意が必要です。手動のペナルティかどうかは、Googleのサーチコンソールに登録しておけば通知がくるのですぐに把握することができます。すぐにペナルティ解除ができるように必ず登録しておきましょう。ペナルティがあった場合には、通知内容に具体的な指示が書かれています。「不自然なリンクがあった」「コンテンツが低品質である」「マルウェアの感染の疑いがある」などです。自分で解決できる問題であればすぐに修正をして、再審査を行いましょう。この再審査を行わなければ、コンテンツの改善を行っていたとしても順位回復ができません。長くとも一週間程度で審査は終わります。もし不備があって回復ができないという場合には、改めてその旨が記載された通知が届くので確認しましょう。ただし、例えばマルウェア感染などの「自分の問題ではない」という場合には、先にサーバー会社に依頼をして対応してもらうなどが必要になります。何が問題であるのかを判断して、適切な対応を行いましょう。

SEOとリンク元ページのリンクとは

ユーザーがクリックしやすいということは評価につながっていきます。アンカーテキストのフォントのサイズや色、その他の書式、そしてリンクの出現箇所といったこと、アンカーテキストの単語数、リンクのアフィリエイトリンクといったものを考えていきます。被リンク効果を高めるために、すべてのアンカーテキストのフォントサイズを大きくすればよいというわけではありませんし、太字にすれば良いなどといった安易な考えは止めたほうがいいでしょう。価値評価というのはあくまでページ内での相対的なもの。安易な考えでのSEO施策は無意味となります。ユーザーにとって何が最適な表示なのか、そこに重点を置くことこそ、リンクの重要度に差が生まれるというものです。リーズナブルサーファーモデルでは、コンテンツの関連性もページランクの配分ロジックに組み込まれていて、被リンク元のコンテンツと関連性が高いページへのリンクに対して、より重点的にページランクが分配されます。これはユーザーにとっては、閲覧中のコンテンツと関連性があった方が有益だからです。こうしたコンテンツの関連性を把握できるようになったのは、自然言語解析技術の発展があったからこです。グーグルが誕生する前の検索エンジンというのは自然言語解析技術が未熟でした。検索ワードがコンテンツにどのくらい含まれているかというような単純なことで、検索結果の順位を決めていました。自然言語解析技術が発展して、文書に登場する単語やアンカーテキストだけに頼らないコンテンツ理解が可能になったといえるのです。リンクエイジというのは、リンクが初めて張られてからの経過時間を表しています。リンクエイジも評価に影響を与えます。

進化するSEO

近ごろのIT業界の変動は目覚しく、4年も経過してしまうとほとんどシステムが変わってしまっていることも珍しくないようです。これは検索エンジンに対しても同じ事が言えるどころか、開発当初から瞬く間に進化し続けて来た検索エンジンでは、より顕著な変化が見られるとも言えるでしょう。昔は典型的なロボットというイメージで、隙間を探しては悪徳SEOのようなものが横行していたようですが、現在の検索エンジンは、ロボットというより人に近い目線を持っていると言え、ユーザーの目的達成までの道筋を的確に捉え、なんのための検索かという部分まで予測するほどの進化を遂げていると言われています。そのため、ユーザーが利用できるツールも充実して来ており、パソコンがなかったら利用できなかったインターネットが、スマホやタブレットから気軽に利用可能な時代になっているでしょう。アクセス解析を見ても、実際にモバイルからのアクセスの方がパソコンからのアクセスよりも多くなっているようです。このことから、インターネットを利用する時間にも変化が見られるようになったようです。社会的にも問題視されている「歩きスマホ」に代表されるように、移動しながらインターネットを利用することが可能になったからではないでしょうか。しかし、四六時中スマホに齧り付いているようなイメージを与えながらも、利用時間という点では減少傾向にあることも報告されているようです。いつでもどこでもという傾向から、新技術や想定範囲外の概念などをスピーディに取り入れなければならなかったため、検索エンジンの発展は必要不可欠であったと言えるでしょう。学生時代、コンピュータを勉強していたからと言っても、今のシステムを駆使するためにはまた新しく勉強し直す必要もあると言えるでしょう。また、検索エンジンが進化することにより、SEOの捉え方も最新の情報を常に意識していくことも大切でしょう。新情報を逃さず、最善の環境を維持するためには、新技術と新情報の更新を頻繁に行っていくことが重要でしょう。

サイトの集客数を増やす

皆さんの運営するウェブサイトなどを、数多くの人の目に触れる場所で、集客を求めたいなどと考えた場合、 SEO 対策がまず浮かぶのではないでしょうか。実際に、 SEO の対策などに関わったことがある人であれば、その相場などを、実際に理解し、ぼったくりなどの業者に出くわすことはないかもしれませんが、初めて SEO 対策に臨むという人にとっては、そのコストや、相場や、 SEO 対策にかかる期間など、多くの不明点が浮かび上がるでしょう。 SEO 対策に関しては、様々な業者がその依頼を請け負っているようですが、相場も個々の業者によって異なり、またこのような SEO 対策を行う業者のサイトを訪れても、明確な料金設定などが分かりづらいケースもあります。実際に、発注者の知識不足などに漬け込むことで、不当に高い料金を請求してくるといったような悪徳業者などの存在も見られるようですので、きちんとしたある程度の SEO 対策相場などを調べた上で、各社の見積もりに納得してから正式な依頼をすることが望ましいでしょう。